FC2ブログ

七曲り日誌

賽の河原地蔵和讚 (さいのかわらじぞうわさん)

御詠歌に続きお経をあげ、そのあと「西国三十三ヶ所」の冊子にある、「賽の河原地蔵和讚」を節回しにのせて唄う。

幼くして亡くなった子供が、三途の川原で、父母より先に亡くなった不孝を償い、「ひとつ積んでは父のため、二つ積んでは母のため」と石を積んで塔を造るのであるが、鬼がきてことごとく壊してしまう。それを地蔵菩薩が救うという話である。
http://kupo.hp.infoseek.co.jp/wasan.html
悲しい話や。。。

私はこの話を全く知らなかったため、帰って実家の親に尋ねてみたところ、
父が、「さいのかわらの~っていうやつじゃない?」と、節つきで唄ってくれた。
なんでも、父が幼い頃、祖母がよく唄っていたとのこと。祖母は三重県出身であった。

現代訳を見て、思ったのだが、
仏様の世界も、キリスト教と同じく、生まれながらに背負う原罪があるのだということを知った。

核家族の上、無宗教なものだから、いろんな発見があっておもしろい。
単なる無知?? 
スポンサーサイト



御詠歌

地蔵盆のための、朝の掃除に出なければらならないのをすっかり忘れ、爆睡してしまった。
代わりに、夕方の御詠歌に行くことにした。

皆が唄う御詠歌を聞き、ビックリ。
私の母の実家、丹波であげていた御詠歌と、ほぼ節回しが同じなのである。
丹波では、お盆とお葬式があった家は、1日2回、朝晩「西国三十三箇所」の御詠歌をあげる。私も幼い頃から、お盆だけは朝晩御詠歌をあげていたのでなじみがあったが、まさかここであげるとは思っていなかった。

ちなみに、母がいうには、この御詠歌は、地方によって節回しが微妙に違うらしい。方言と同じことだろうか。どの地方が、どんな御詠歌を唄っているかというのを調べ、地図に落としてみたら面白そう。

マニアックすぎるか。。。

甲子園に散歩に行く

夕方、浜風にあたりに甲子園にお散歩にいく。
甲子園の前はさんざん通っているが、考えてみれば、中に入るのはほぼ10年ぶりだ。
ライトスタンドから見下ろす、甲子園の景色は、本当に美しいと思う。
ちょうど、ナイターの灯が入った。

たまたま行った試合は、早稲田実業×大阪桐蔭。
好カードだけあって、スタンドはほぼ満員だった。
高校野球事情にはさっぱり疎いのでよくわからなかったが、「ハンカチ王子」と騒がれている斉藤投手と、スラッガー中田の名対決を見た模様である。
なんだかわからないが、甲子園は盛り上がっていたし、ラッキーだった。

小学生の頃も、尼崎の祖父に連れられ、いとこたちと甲子園に来たことを思い出す。
そういえばあの頃、みんなチューリップ帽子をかぶっていた記憶があるけど、最近みないな~。
あれ、どこいったんだろ。

梅雨が終わり

雨が少なくなっていくにつれて、夏の虫が鳴き始めた。

庭に出てみると、爪の半分ほどの、ちいさなちいさなコオロギを見つけた。

声の主かどうかはわからないけれど、
コオロギも、秋になっていきなり現れるのではなく、
夏の前からちゃんと生まれて、
秋の準備をしているのだな、と妙に関心してしまった。

会計ソフト、使えね~

この4月から、会計が新しいシステムを導入した。
これが、ひどいのなんのって。。。

今まで、色んなソフトを使ってきたが、このソフトは間違いなくワースト1。
10年前に使用していた、DOSのコマンド入れて起動するソフトの方が何倍も使える。

あまり細かいことをここで述べても面白くないので省くが、
フランスだかドイツだかのくだらないソフトをカスタマイズしたらしく、まず日本語がわかりにくい、検索すべき伝票がすぐにでてこない、画面設計があちこちに飛びすぎ、ゴミ箱等のアイコンがいやがらせとしか思えないほど、小さい。

しかも、マニュアルが地獄的なほど不親切。
会計に直接聞くと、便利な方法があるのに、それすら書いてない。

おかげでひとつの伝票を打つのに、下手すりゃ1時間近くかかる。

先日も、今後一切とり引きがないと思われる所から、どうしても書籍を買わなければならなかったのだが、業者登録をしないと決済がおりないから登録しろといわれ、そのやり取りで2週間以上もかかってしまった。たった3000円ぐらいの本なのに。先方にもとても迷惑をかけた。

私の、この件にかかった時間は、トータルで1日くらい。

はっきりいって、この件のおかげで残業するくらいなら、

自腹をきったほうが良かった!

「なんでこのソフトにしたのですか」とたずねたところ、入札で一番安かったから、とのこと。一応、仕様書もきっちりかいたので間違いはないといっていたが、そんなの、業者に書かせたんでしょ!
あ~、くさい臭いがぷんぷんするなあ。

一番の問題は、このソフトを決定するにあたり、使用者である教員や職員の意見を聞かなかったらしい、ということだ。
情報に詳しい人が、入っているようには思えない。
こんなの、一般の会社ではありえないと思うのだが。

会計は誤解している。

この世で一番高いのは、人件費なんだぞ!!

私程度の人件費ならともかく、教授クラスを1時間動かすと、いったいいくらぐらいかかるか、わかっているのだろうか。
コスト意識なさすぎ。

この分ではおそらく、年度末は外注しないとだめだろうなあ。